Freewheelingly

新しい発見を求めて

First month

 

I went to  study English at a language school for 4 months.

私はワーホリの4か月間語学学校に一般英語を学びに通いました。

In the first month, I went through while I stayed with a homestay.

1か月目は、ホームステイをしながら通いました。

 

There is no transportation announcement as rumored!(噂通り交通機関のアナウンスはない!)

Since I had my guide from the host mother to the place of the school by the car the day before, I never got lost.

初日は、ドキドキしながら学校へ向かいました。前日にホストマザーから学校の場所まで車で案内していただいてたので迷うことはなかったです。

 

I had a navigation of a smartphone in one hand, I took a bus for the first time and went to school.

片手にスマホのナビを持ち、初めてバスに乗り学校へと行きました。

 

When getting on, the bus stops when you raise your hand when you get the bus you want to ride.

Also, in the case of QLD state, you must touch the card for transportation when you get on/off.

乗るときは、乗りたいバスが来た時に手を挙げ合図を出すとバスは止まってくれます。

また、QLD州の場合は乗車下車時に交通機関用のカードをタッチしなければいけません。

 

I was able to get on the bus safely, but since I have no announcement inside the bus. I was watching Navi all the way to the end 📱 Then it became near the arrival point, I was able to arrive safely without mistake by pressing the button .

無事にバスには乗れたのですが、車内アナウンスが全くもってないので最後までずっとナビを見ていました📱そして到着地付近になり、ボタンを押して無事に間違えずに到着することが出来ました。

 

At this time I realized the courtesy of Japanese transportation for the first time.

I think that everyone will be in trouble if they go through the place where they go first and the route which is different from usual and there will be no announcement. 

However, as there are trams and trains, there are in-car bulletin boards and announcements so you can ride with confidence ✌

この時初めて日本の交通機関のありがたさを実感しました。

 

初めて行く地や普段とは違うルートで通られ+アナウンスがないとなると誰もが困ると思います。車内アナウンスを付けてほしいですね!

 

しかし、トラムや電車ですと車内掲示板やアナウンスがあるため安心して乗ることが出来ます✌

 

orientation(オリエンテーション)

The next mission is the orientation of the main. First of all, we will check the entrance and take a test. Next, we had lunch time with school guide and near the school. After that the test result was broken up.

I am shy, I am very anxious as to whether my friends can do it. + What level of class will I be in. I did not talk to people much till the end of the orientation, but I was able to talk to someone sitting near me at the test result and became friends ☻

 

次のミッションは、本題の学校のオリエンテーションです。まず、入学確認をしテストを受けます。次に学校案内や学校付近の案内をして昼食時間。その後テスト結果をして解散。

 

人見知りの私は、友達が出来るのかとても不安。+どこのレベルのクラスに入るのかも

 

オリエンテーション終了後まであまり人と話さなかったのですが、テスト結果の時に近くに座っていた方と話し友達になることが出来ました☻

 

How to spend(過ごし方)

I went to school on weekdays and study after school and return to my homestay place.

On holidays I took a walk in the neighborhood and stayed home at home.

 

I saw such a thing, Mother invited me to go shopping on Sunday and also shopping with me!

 

平日は学校へ行き、放課後は勉強してホームステイ先へ帰る。

休日は近所を散歩したり、家でゆっくり過ごしていました。

 

そんな私を見てか、日曜日はマザーが買い物に誘ってくれて一緒に買い物もしたりしました!

 

 

Thank you for reading.

 

 

 

Homestay

 

Today, I write about the homestay experience in Australia that I experienced for the first time.

今日は、初めて体験したオーストラリアでのホームステイ体験について記事にしていきます。

 

Airport mistake from the first day!?(初日から空港間違え!?)

Finally I finished a long flight and arrived in Australia

I went to see someone who would pick me up from the airport to the domestic line as I received from the agent a while ago.

 

やっと長時間のフライトを終えオーストラリアに到着✈ 

私は、前々にエージェントから届いていたメール通り国内線へ空港送迎してくれる人に会いに行きました。

 

However, it couldn't be found by going around the airport. While thinking that it is strange, I decided to return to international terminal again. Then, I asked some people.

だが、空港内を回っても見つからないのです。おかしいな~と思いながらも、国際線へ再度戻ることに。着て初日不安と緊張を抱いて、人に尋ねかけました。

 

Finally I was able to meet with the pickup after more than 2 hours!

そして、ようやく2時間以上後送迎人と会うことが出来ました!

 

これは、エージェントのミスだったと思います!なぜなら、私たちは国際線へ到着するのになぜわざわざ国際線から国内線へバスに乗って移動しなければいけないのかと

 

まあ、結果無事に会えて、ホームステイ先へ届けてくれたので良かったです。

 

The homestay family was special.(ホームステイファミリーは特殊だった)

I arrived at my homestay and gave a greeting to my host family. Five family members. The girls stayed home for a week out of two weeks. They  stay in a different place for the rest of the week. Also, The father stay every two weeks. I don't know enough.

ホームステイへ着き、ファミリーと挨拶をしました。家族は5人。娘たちは2週間のうち1週間は家に滞在。残りの1週間は違うところに滞在。また、父は2週間毎に滞在とイマイチ分からない家庭でした(笑)

 

I was overwhelmed when I first started. Also, I could spend quietly in the first week because there were no girls, but the girls arrived! In the house it became noisy at a stroke.

なので、最初の頃は戸惑いました。また、最初の週は娘たちがいなかったのでとっても静かに過ごせたのですが、2週目娘たち到来!家の中は一気に騒がしくなりました。

Everyday they danced to music music gang and sing. Also, I was stressful. They got angry from thier mother everyday.

毎日音楽ガンガンに踊りだす・歌いだす。また、決められた家事をしないため毎日母から怒られると私は地味にストレスでした。

 

なぜ、皆さん食器洗い嫌いなのでしょう。しかも食洗器があるのでただ入れるだけなのに学校から帰ってきたら毎日シンクの中に食器が山盛りに。なので私がほとんど手伝っていました!

 

BBQ(庭でBBQ🍖)

On the first day when family except father got together, we played BBQ in the garden! Kangaroo meat on the first! And after dinner we sit around the fire and put the marshmallow into the branches of the tree and put it in the fire and eat it! I was happy and good memories were made!

父以外の家族が揃った初日、庭でBBQをしました!初めてのBBQにカンガルー肉!ソーセージ。そして食後は焚火の周りに座ってマシュマロを木の枝にさして火の中に入れて食べる!幸せでしたし、いい思い出が出来ました!

 

カンガルーの味は、とても独特な味で堅かったです。

 

また庭には鶏が10匹ぐらいいました🐓あとプール!入りたかったが寒くて断念。

 

How was the my homestay(ホームステイはどんな感じ?)

I stayed while I was experiencing,

Breakfast served in yoghurt. Lunch was prepared on weekdays by myself, and the holiday was made. Everyone had dinner together.

Well chicken roasted came out, for the first time I saw a chicken roe.

私の体験した滞在したホームステイは、

朝食は、ヨーグルトにシリアル。昼食は平日は自分で用意、休日は作ってくれました。夕食は皆で揃っていただきました。

良くチキンの丸焼きが出てきて、初めてチキンの1匹丸焼きを見ました☻

 

Wash the dishes together once a day after dinner and clean up the pretty dishes before dinner. Washing / cleaning was done once a week.

食器は、1日1回夕食後にまとめて洗い、夕食前に綺麗な皿を片づけ。洗濯・掃除は1週間に1回でした。

 

There was a double size bed in the room, there was a dressing table and a study desk on the hanger rack and it was satisfying!

部屋はダブルサイズのベットがあり、ハンガーラックにタンス、勉強机もあり満足でした!

 

My hostmother often took me to shopping and at the end she got the drive to the top to see the night view 🚙

よく買い物にも連れて行ってくれて、最後には夜景を見に頂上へドライブもしてもらいました🚙

 

勉強で分からないことを教えてもらったり、最後には手料理をごちそうしました!

 

I want to visit again if I return the city.

また、戻ってきたら訪れたいです☻

 

Thank you for reading.

 

 

 

各手続

 

海外へ長期で行く際にすべきこと

 

日本を出発する前

日本を出発する3日前ぐらいに海外提出届を出しに行きました。海外提出届出し、国民保険と住民票は無くなりました。また、国民年金は任意になりました。

 

海外提出届とは、ざっくりとこれから日本に居ないよと知らせることだと思います。こちらの提出は出国予定日の2週間前から市役所で行うことが出来ます。

 

現地へ到着!何する?

  • 在留届です。

こちらは、短期間滞在する方と、3か月以上の長期間滞在するものでサイトの提出場所が異なるのですが、現地の日本大使館・領事館かネットで簡単に届出を出すことが出来ます。おすすめはネットのORRnetです。

 

  • TFN(タックスファイルナンバー)

こちらは、オーストラリアで働く際に必要な書類です。納税者番号のことでオーストラリアで収入がある人(アルバイトをする人など)は取得を義務付けられている番号、タックスリターンの際にも必要になる大事なものです。

またタックスファイルナンバーは一生使うもので、2回取得することができませんので以前取得した方は10年前であってもその番号を使うことができ、忘れてしまった場合はATO(オーストラリアタックスオフィス)に確認する必要があります。

 

ネットから申請することが出来ます。無料です。

 

  • 銀行口座の開設

最後に、オーストラリアでの銀行開設です。

TFNの申請時も少し苦戦したのですが、こちらはもっと苦戦しました。

ANZという大手の銀行で開設しました。オーストラリアでは日本と異なり、手帳がありません。カードのみで残高や口座のお金の履歴などはオンラインや携帯のアプリを使って確認することが出来ます!

 

また、日本に比べて利子が全然違います!とても高い利子がつきます♪

 

日本へ帰国する前・した後

帰国する前に、現地の銀行口座を閉設しなければいけません。スムーズにできたらなりよりです☻

 

日本へ帰国した後は、2週間以内に市役所へ行き転入届を提出しなければなりません。

 

また、国民年金の手続きにもいかないといけないそうです。面倒、、、

 

以上、海外へ行く際の出国前から帰国後までをざっくりと記事にしました。(主にオーストラリア)

 

読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

 

 

パッキング

 

私がオーストラリアへ持って行った物を紹介します!

私は、オーストラリアへ来て5か月後に日本へ一時帰国しました!まず4か月間の学校が終了し、そのあと少しオーストラリアの旅行をした後に一時帰国をしました。

 

なぜなら生活用品が必要だったのと、成人式の時に日本へ帰らないので👘

まあ、現地でも生活用品を揃えることは出来るのですが。また、日本から送ってもらうことも出来るのですが。親に面倒ごとを頼みたくないのもあり、自分で日本でまとめ買いして再度沢山の荷物を持って戻ってきました!(笑)

 

それでは、本題に移りましょう

 

まずは貴重品!

  • パスポート 
  • 重要な書類のコピー(パスポート、ビザ、入学許可書、ホームステイなどの滞在先住所・連絡先、海外旅行保険、クレカ、プリカ)
  • 原本(ビザ、航空券、海外旅行保険証)
  • 財布(現金日本円、クレカ、プリカ)
  • ボールペン

こちらは必ず手荷物バックに入れておくべきです。

 

次に生活用品!

  • 目系(眼鏡、目薬、サングラス、コンタクト)
  • 歯系(歯ブラシ、歯磨き粉、リップ)
  • 髪系(ヘアゴム、帽子、櫛)
  • 日常品(衣類、パジャマ、靴下、靴、サンダル、日焼け止め、爪切り、生理用品)
  • 風呂系(タオル、シャンプー、ボディーソープ、クレンジング、洗顔、ボディークリーム、化粧水)
  • 電気用品(携帯、PC、充電器、変換プラグ、USB、イヤホン、カメラ、単4電池)
  • 薬(酔い止め、風邪薬)
  • 勉強道具(ノート、筆記用具、ファイル、ルーズリーフ)
  • その他(折りたたみ傘、腕時計、鍵、鞄、洗濯ネット、水筒、水着、エコバッグ)
  • 案外必要でない(マスク、ポケットティッシュ、ウェットティッシュ、袋、S字フック、箸、スプーン、証明写真)

一時帰国した際何を再調達した?

私は、極力オーストラリアでお金を使いたくなかった。また、やはり出来るだけ自国の製品・使い続けている物を使いたかったのでほぼ全部購入し残りの月日分持って帰ってきました(笑)

 

持って帰ってきたもの

  • コンタクト
  • 歯ブラシ、歯磨き粉
  • サンダル
  • 日焼け止め
  • 生理用品、電気シェーバー
  • ベルト
  • シャンプー、ボディーソープ、クレンジング、ボディークリーム
  • PC、USB
  • 持ち込める調味料少数

 

です。今まではスニーカーだけだったのでサンダルを持ってきました。またオシャレしてどこかへ行きたいため用にコンタクトも持ってきました。

 

学校行っていたときは、学校にPCがあり自由に使えたので問題なかったのですが、学校終わり調べものするのに携帯ではストレスがたまるので日本に戻った際にPCを持ってきました!

 

図書館でもPCは使うことできます!だが時間制限や図書館のカードを作らないと行けなかったりとするので必要だなと感じたら持っていくことをお勧めします。

 

必要だった。現地で購入したもの

です!乾燥しすぎて、顔がカピカピに(笑)これは将来やばいぞと思い最近になって購入しました。

あと、アイボンはコンタクトした後に目がゴロゴロなるのでやっぱり必要か~と思いながら購入しました(泣)ちっちゃいサイズで約1000円でした(泣)

 

感想 

 私は化粧しないので化粧道具は必要なし。また、髪巻くコテも必要なし。ただ、ドライヤーに関してはあったほうが良いという考えでわざわざ日本から持ってきたり、現地で購入などはしてないです。

 

なんと、現在のシェアハウスに前の住居人が置いて行ったドライヤーがあったのでそれを使わせていただいています!ラッキー♪

 

また1か月ほど前から皮膚で病院に行っているため、洗顔やクリームなど全部病院側から出されたものを使用しています。日本へ一時帰国した際に病院に行くことを予定していたため洗顔系のものは持って帰ってこなかったです✌

 

現地にダイソーやアジアショップなど沢山あるので、正直困ることはないのですがただ輸入しているので値段が倍以上💦

 

出来るだけ節約したい方は、来る際に荷物を出来るだけ沢山持ってくるか、他の海外用品で代用するかなどがおすすめです!

 

読んでくださってありがとうございます。

 

 

クレジットカード・プリペイドカード

 

ワーホリする際に必要不可欠なクレジットカード!💳

海外へ行く際に、絶対に持っていくべきランクに入っていると思います!短期間の旅行などでしたら現金だけもしくはカード1枚で十分かなと思います。

が、長期間で海外へ行く際に絶対にクレカ2枚は必要です!!!VISAとMASTER CARD各1枚ずつ

 

+海外で使えるプリペイドカードも1枚持っていたら十分かと!

 

なぜ必要なの?

その理由は私が考えでは2つります。

1、現金を取られた際、カードがあればカードを使って買い物ができる。

2、カード1枚だと、カードや現金を取られた際に何もできないから

 

とにかく取られた際に困ります。まず第一に気を付けることはスリに合わないために複数の場所に分けて保管。気にかけながら出歩くということです。

 

では、私が調べたクレジットカードとプリペイドカードについての紹介をしていきます。

 

1、三井住友VISAカード(クレカ)

こちらは、年会費がかかり有料になりますがきちんと海外旅行傷害保険があり、国内旅行傷害保険も付帯されています。国際ブランドは、VISAとMASTER CARDの2種類ございます。私はクラシックカードとアミティエカードのどちらかが良さそうと思いましたが、年会費がかかるのでどちらともしなかったです(笑)

www.smbc-card.com

 

2、エポスカード(クレカ)

こちらは、入会金無し、年会費永年無料であり海外旅行保険自動付帯になります。きちんと海外旅行傷害保険が付帯されています。国際ブランドはVISA。

 

私はエポスカードVISAカードを1枚持っています。

www.eposcard.co.jp

 

3、楽天カード(クレカ)

こちらもエポスカードと同様、入会金無し、年会費永年無料。海外旅行傷害保険も付帯されています。国際ブランドは、VISAとMASTER CARDです。

 

私は、楽天カードのMASTER CARDを選びました。

www.rakuten-card.co.jp

4、キャッシュパスポート(プリカ)

こちらは、よく留学エージェントが紹介しているのを見かけます。

入会・年会費は無料。銀行の口座不要。年齢制限なし。チャージ手数料が入学金額の1%。為替手数料4%。国際ブランドはMASTER CARDです。

 

チャージ手数料と為替手数料が欠点です。

https://www.jpcashpassport.jp/

5、マネパカード(プリカ)

入会・年会費は無料。15歳以上から作ることが出来る。チャージ手数料は無料。為替手数料3%。使い残しを日本円に戻す時も手数料無料。また、日本で使うことが出来る!

国際ブランドはMASTER CARDです。

 

チャージ手数料がかからない、日本円に戻せるというのがメリットです!

card.manepa.jp

 

6、ネオ・マネー(プリカ)

入会・年会費無料。13歳以上から作ることが出来る。銀行口座不要。チャージ手数料。為替手数料4%。日本でも利用できる!国際ブランドはVISAです。

 

こちらもチャージ手数料無料で、日本でも利用できるのはメリットです!

www.neomoney.jp

 

7、Money T Global(プリカ)

入会・年会費無料。年齢制限なし。チャージ手数料無料。為替手数料5%。国際ブランドはVISAです。

 

為替手数料がどこの会社よりも高いのが欠点です。

www.aplus.co.jp

 

以上、私が調べたクレジットカードとプリペイドカードについてでした。

 

違いは何?

国際キャッシュカード

日本で開設している銀行の口座に日本円を入れておくと、海外ATMでお金を引き出せるカード

 

プリペイドカード

事前にカードにお金をチャージしておいて、オンライン上で両替をし海外のATMで現地のお金を引き出すことが出来るカード。銀行口座の開設不要。

 

デビットカード

ATMでお金を引き出すことが出来たり、クレジットカードと同様に買い物時にカード決済をすることが出来る。

 

主に、私の場合は違いを調べクレカとプリぺだけで必要十分かと思いました。

 

ざっくりと説明していきました。読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

留学エージェント

 

私が参加した留学エージェント

 

ワーホリの為にエージェントを訪れたエージェント会社は5社です。また、オーストラリアでエージェントが企画したイベントに参加したのを含めると7社になります。

 

1、iac留学アカデミー

こちらは福岡と沖縄を支店にサポートを行っています。

行ったなかで一番説明が丁寧であり、オフィスの感じもよく満足度一番でした。また、オーストラリアのワーホリビザは無料で申請してくださると無料カウンセリングを行ったときに言っていました!加えて、おそらく無料サポートだったと思われます★☻

iac-academy.com

 

2、スマフラ留学

こちらは福岡に支店があり、無料サポートと有料サポート2種類のサポート体制が用意されています。

こちらも先ほどと同様に説明が詳しくしていただきました。こちらのおすすめは、オーストラリアの現地エージェント支店が他のどこの会社よりも多いということです!★★

シドニーメルボルンブリスベン・パース・アデレードゴールドコーストとほぼメインの都市に支店があり、都市を移った後でも支店を変え引き続き現地エージェントサポートを受けることが出来るので都市移動をする方にとってもおススメであります。

https://www.smileyflowers.net/

 

3、JAWHM 一般社団法人 日本ワーキングホリデー協会

こちらは、九州以外にも東京や大阪・名古屋などにも支店があり。よく無料セミナーを全国各地でしているので、情報収集によく参加させていただいていました。

こちらは有料サポートのみ(会員制)になっており、ビザや航空券など諸々自分で手配するのは不安だという方はおススメかもしれません。一緒に対面で手続きを行ってくれるので安心できるかと思います。

www.jawhm.or.jp

 

4、Last Resort

こちらは、全国各地に支店があり大きい会社なのかと思います。

オーストラリアの現地支店の数がとても少なく、有料会員制。また、資料が十分に用意されていなかったため断念しました。

www.lastresort.co.jp

 

5、Overseas

こちらは、ネットで事前予約しておかないといけません。また、事前に行きたい国・都市・学校などを決めて・予約の際に備考欄に書いておいたほうがベター。シェアオフィス型なためその事前予約の詳細を見て用意されていました。説明はとっても分かりやすくしていただいたのですが、情報量はそこまで多くなかったため断念。

オーバーシーズ情報センター福岡 留学 | ホームステイ

 

以上、日本にいるときにワーホリの情報収集をしにお世話になった各留学エージェント会社になります。

全て私が訪れた際の情報になりますので、以降少しは変わってるかと思われます。また、忘れてはいけないのはすべて私個人の意見ですのでご了承お願いします。

 

全ての会社にオーストラリアの学校16週間・4か月+1か月のホームステイの見積もりを出していただいたのですが

 

比べて安かったのはやはり、iac留学アカデミーとスマフラ留学でございます。

 

無料サポート?有料サポート?

私は、できるだけ料金を最小に抑えたかったため無料サポートにしました。

オーストラリアのビザ申請はカナダやイギリスに比べて簡単だということを聞いていた。また今の時代便利な世の中。ネットがありますのでどうにかなります。

 

なので私の意見としては、オーストラリアやニュージーランドならば無料サポートでも問題はないのかと見受けられます。

 

ただ、現地の役に立つ情報を詳しく知りたい方や英会話に参加したい、また同じエージェントを利用している方たちと交流したいなどでしたら有料になるのかと思います。

 

以上、私の2018年春ごろに訪れた留学エージェントの紹介でした!

 

読んでくださってありがとうございます。

 

 

Preparation of working holiday

 

ワーホリの準備なにをした?

 最初にしたこと、エージェント巡り

私は、1年間で103万以下を働き貯め、12月から福岡へ拠点を移しました。

まずは、ネットで留学エージェントを調べ何社かピックアップし最初は説明会へ行きました。

 

カナダとオーストラリアの2つに興味がありましたので、その国の内容の説明会へ行きました。

 

説明会へ参加した後に国決め。その後、無料カウンセリングへ行き見積書を作成していただきました。

 

最終的に、無料か有料かのサポートの差と作成していただいた見積書を比較してエージェントを決めました。

 

※私が行ったエージェントについては次回の記事にさせていただきます。

 

私が選んだエージェントは無料サポートだったため、学校の手配・ホームステイの手配・空港から家への送迎手配・現地での1年サポートはしてくれます。

 

その一方で、ビザの申請や航空券の手配は各自。エージェントとは主にメールでのやり取りで対面することはほぼなし。また、よく有料サポートにある英会話レッスンやワークショップ・各イベントの参加や現地の情報セミナーなどは当然無料なのでついてないです。

 

次にしたことは?航空券・ビザ申請

 エージェントを決め、オーストラリアの都市決め、出発日決め、学校を決め、ホームステイ家族の要望を言いそこでエージェントとの対面サポートは終了。

 

その後は、メールでのやり取り。

 

私は航空券を買うために調べ始めました。

日本⇔オーストラリアは、カンタスジェットスタージェットスター航空はキツイため少し高めなカンタス航空を選択しました。

 

無事に航空券を入手し、次はビザ申請のため下準備をしました。

 

万が一失敗すると、再申請が困難になる可能性もあったのでいくつものサイトを見て申請画面をそっくりそのまま英語・日本語訳付きでコピーしました。

 

そして、心の準備とともに整うといざビザ申請!

 

超慎重に何回も確認しながら行ったので3,4時間はかかったかと(笑)

終了後、まあなんと1,2分ぐらいですぐにビザのメールが届きました!早っ。だけど追加書類など何事もなく無事に入手することが出来ました!

 

そして、エージェントにメールで内容を送付。

 

下調べ

次は、オーストラリアについて調べまくりました。

各都市の街並み・交通機関・気候・観光、ファームについて、オージースラング・シェアハウス・オーストラリアのサイト・携帯会社

 

また各手続(海外転出届・在留届・TFN・銀行開設手続など)

 

とにかく自分のことですから自分で情報収集をし、自分で情報を得ていくことが重要です。

下調べを仕事が決まる間にコツコツとしていきました。

 

困難だったのは

 

私が苦労したのは、海外保険と海外で使えるクレジットカード、プリペイドカードです。

 

まず保険。当然エージェントから保険の紹介はありました。

2社紹介してもらったのですが、一つは値段の割に保険のカバーが満足じゃないもの。2つ目は、満足十分なカバーだが値段が高すぎるということから他の保険はどうなのかと思うようになり違う保険を独自で調べるようにしました。

 

母と相談しながら、していたのですがなんせ母はなんも知らないし面倒なことはあまり好きではないため相談しても反応はイマイチ、、、

 

だが、母も頑張ってくれていて母の知り合いの保険会社の方と話をし契約することにしました。

 

そして、次にクレジットカード

 

私の家族は現金派。クレカなんて持ってはいるけれど使うことは滅多にない。

なので、家族にクレカのことを相談しても何の情報も知らないので自分でネットで調べ各会社のクレカのメリット・デメリットを調べることにしました。

 

海外へ行く際に最低2枚はクレカ必要です。1枚でも十分ではないかとも思いますが、万が一のために2枚は持っていたほうが安心です。

 

プリペイドカードは、現地で現金を引き出すために必要です。

 

※クレカ・プリカについても今後記事で書きます。

 

そんなこんなで、とにかく下調べをたくさんしオーストラリア情報自作ノートを作りました。

 

お陰で、こっちにきて困ることはほぼございません!

 

何処へ行くのにも下調べは必要不可欠な作業であります。

 

読んでくださってありがとうございます。